あぷつう.com

弱ニートだから楽しいことだけやっていく

*

clipboxなどでダウンロードしたファイルを新しいiPhoneに移したいときに便利な「iExplorer」

      2015/02/02

どもども。最近iPhoneの電源ボタンが壊れ気味ならくがきです。。
電源ボタンが壊れてしまうと電池切れてしまったときとかスクリーンショットが不便でしょうがないのでApplecare+での交換を考えています。しかし、iMusicやDownloadsでダウンロードしたデータがなくなってしまうのはキツい!
なのでいい方法がないかググって探してきました!

そこで見つけたのがiExplorer!!これはかなりいい!

スポンサーリンク

iExplorerをパソコンにインストールしよう

まずパソコン等が必要になります。インストールはわかりやすいのがありますのでそちらを参考にしてください。

iPhoneやiPadのファイル・フォルダ中をエクスプローラのように開けるソフト「iExplorer」/ Antares

パソコンインストール後について簡単に説明してしまいます。

iPhoneのデータをパソコンに保存しよう

ダウンロードしているアプリのみをパソコンに保存します。ちなみに自分が利用しているのはiMusicやDownloads・iSafeProになります。
カメラロール-162
カメラロール-161

今回はiMusicを例にして先に進めていきますが、やり方はどれもほとんど変わりません。

カメラロール-163

iMusicを開いてもらうと上にDocumentsとあります。こちらにダウンロードしたデータが入っています。

カメラロール-164
右クリックを押してもらうと「Export to folder」とあるので、クリックしてわかりやすいところに保存しておきましょう。
これでパソコンにデータの保存は終わります。容量が重いと時間がかかるから気をつけて!

パソコンに保存したデータを新しいiPhoneに復元しよう

iPhoneに復元の方法はちょっとめんどくさくなります。
まず新しいPhoneでアプリのダウンロードをしてもらい、パソコンに繋げiExplorerを開きます。
パソコンに保存したのと同じようにアプリを開いてもらいます。

カメラロール-182
あとは保存先からDocumentsファイルドラック&ドロップをしてもらい上書きしましょう。
書き込み中は右下に緑のゲージがでます。あとは書き込まれるまで気長にお待ちを。

documents内のファイルはすべてパソコンに保存したものと同じであれば問題ありません。
自分はiPhone5からiPhone4に移してみましたが、問題なくデータを移すことができました。

他のアプリでも問題はなかったです。ただ全てに対応できるとも限らないので気をつけてください。


 - APPLE