あぷつう.com

弱ニートだから楽しいことだけやっていく

*

覚えておくと便利!?ちょっと変更するだけでiPhoneが使いやすくなる

      2015/04/02

iPhone6に変更して設定をいくつか変えたらくがきです。
そこで今回はiPhoneで覚えておいて欲しいちょっとした設定をお伝えできればと思います。

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

パスワード入力を楽にする方法

iPhoneでのパスワード入力って多いですよね?
もちろん最近は自動で入力されるようになったりと楽になったりしてますが、それでも初期はパスワードの入力が必須だったりします。

皆さんは入力するときは携帯電話のフリックで入力していますか?それともパソコンのようなキーボード入力?はたまたローマ字入力?
まあこれは人それぞれだと思いますが、一番楽な入力方法はiPhoneであれば文章はフリックでパスワードはパソコンのようなキーボードだと思います。

そのため自分はほとんどと言っていいほどローマ字入力をしません。

たまに入力変換をしてパスワードを入力しようとしたらローマ字打ちになってまた入力変換するハメになることもよくあります。

でも、ある設定をちょっと変更するだけでこの間違いを起きなくすることができます。

キーボードの入力変更方法

1.『設定』を開く
IMG_0174

2.『一般』を開く
IMG_0154

3.『キーボード』を開く
IMG_0155

4、『編集』を開き『日本語ーローマ字』を消す
IMG_0157

これだけで簡単にそんな間違いもなくしてくれます。

ホームボタンが効きづらくなった時に便利な設定

おそらく使っていくうちにホームボタンが効きづらくなってしまったりしてしまうこともあります。
ホームボタンって結構な頻度で使うので一回効きづらくなってしまうと使いづらくてしょうがない。また、スクリーンショットも電源ボタンとホームボタン同時押しで使うためホームボタンの利用頻度はかなり高いです。

完全に故障してしまったら結局修理か買い換えるかのどちらかになってしまいます。
そうなる前に使える設定方法をお伝えします。

ホームボタンを画面に出す”Assistive Touch”設定方法

1.『設定』を開く
IMG_0174

2.『一般』を開く
IMG_0154

3.『アクセシビリティ』を開く
IMG_0175

4.『Assistive Touch』を『オン』にする
IMG_0176

そうすることで画面にホームボタンのアイコンが出てきます。
これでホームボタンの代用をすることができます。故障してしまった時やホームボタンをあまり使いたくない人はオススメですね。

スクリーンショットを”Assistive Touch”で撮る方法

1.『Assistive Touch』の『ホームボタン』を開くとこのような画面が出てきます。
その中の『デバイス』を開きましょう

IMG_0177

2.『その他』を開きます
IMG_0178

3.『スクリーンショット』を選択で画面の画像を撮影してくれます。
IMG_0179

この辺を覚えておけばだいぶiPhoneも使いやすくなってくるんじゃないかなーっと思いますね。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 - APPLE