あぷつう.com

弱ニートだから楽しいことだけやっていく

*

イギリスの冒険家ベアグリルスがかなりクレイジーでオモシロイ!

      2015/02/02

どうも。らくがきです。
最近ブログのアクセス数も伸びてきてかなりやる気が出てきています。こういう時にこそブログの記事を増やすチャンス!

ということで今回は冒険家ベアグリルスのご紹介。

この記事を見てくれた人の中には知っている人もいるかもしれません。ちなみに自分は友人から聞きました。

スポンサーリンク

冒険家ベアグリルスって何者?

冒険家といえばインディ・ジョーンズしか思いつかないらくがきですが、あれは映画での話です。

Bear Grylls

冒険家ベアグリルスとは…

以下ベアグリルスWikipediaより抜粋。

1994年から1997年の3年間、イギリス軍特殊部隊SAS(国防義勇軍に属する第21SAS連隊)にて勤務。

1996年には、ザンビアでの任務中、高度4,900メートルからの降下の際にパラシュートの事故にあい、背骨を骨折する大けがを負う。二度と歩けぬものとも思われたが、子供のころの夢である『エベレスト登頂』を目指し、軍のリハビリ施設で18ヶ月を過ごし、回復する。

1998年の5月16日、8歳の頃からの夢であったエベレスト登頂を果たし、英国登山家最年少(23歳)のエベレスト登頂として、ギネスブックに認定される。パラシュート事故から、18ヶ月後の事であった。

2004年には、数々の功績が称えられ、ベアはイギリス海軍予備員(Royal Naval Reserve、RNR)の名誉階級である少尉の階級を授与された。

その他、世界初水上オートバイによる連合王国一周を成功させ、凍結した北大西洋を屋根なしの堅いゴムボートで横断するという冒険も指揮。 一方、エベレストでの試みはアフリカの子供たちを支援する慈善事業「グローバル・エンジェルス基金」のために100万ドルを集め、英国ディスカバリーチャンネルとチャンネル・フォーで2時間のドキュメンタリー番組にもなった。

という破天荒な経歴の持ち主!顔はイケメンなのにやっていることが命掛け過ぎてビックリしますね!!

ベアグリルスってどんな人?

ベアグリルスがどんなことをしているか分かる動画があるのでそちらを見てみてください。ちなみにグロテスクな場面もあるので苦手な人は見ないほうがいいです。

見てわかると思いますが、かなりのゲテモノ食い野郎ですね!笑
せめて焼いて食べればいいのにっと思いますが、結構な頻度で生で食べています。

ちょっと!?お腹とか大丈夫なの!?

ってこっちが心配になっちゃいますね。この動画には出ていませんが水分補給に動物の血を飲んだり、象の糞から水分を取るところがあるのですがかなりクレイジーです。

そしてキメ台詞

『貴重なタンパク源ですね!』

いやいや!貴重なタンパク源じゃないですよ!笑
それ普段食べないものですから!!笑

などなど本当に体張りすぎていてちょっと引いてしまう反面ついつい見てしまいますねー!笑

命掛けの動画

個人的にオススメしたい動画

自分はこの動画を見て一気に好きになっちゃいました。

黄金の10分間

普通に考えたら無謀極まりないです。良い子は真似しないでね!ってテロップが出てもおかしくないくらいです。
興奮状態を利用して川を渡るのは本当にクレイジーの一言ですね。

簡単にベアグリルスのことまとめましたが、もっと面白そうな動画があったら追加していこうかなー

 - BLOG