あぷつう.com

弱ニートだから楽しいことだけやっていく

*

夢を実現する為に努力する漫画『ベイビーステップ』の人間的魅力とは?

   

漫画ベイビーステップが大好きならくがきです。
テニスは以前やっていたのでテニスについて少し話できる部分もありますが、今回は主人公丸尾栄一郎の人間的魅力について考察してみたいと思います。

まだ、読んでいない人にはネタバレも含まれるので漫画を読んでから見てもらうことをオススメします。

スポンサーリンク

ベイビーステップ(Baby Steps)ってどういう意味?

人間的魅力を伝える前に漫画のタイトルはどういう意味なのかをお伝えしておきたいと思います。
baby stepsとは…

I must take the baby steps until I’m full grown
「成長しきるまで、私はほんの少しずつ、一歩一歩、あせらず前進して行かなければならない。」

the baby steps の意味は上の訳からお分かりでしょうか。赤ん坊が成長するのは、ほんの少しずつ。赤ちゃんが歩き始めに一歩一歩動くのをご想像ください。未来に、成長に向けて、焦らず、でも、確実に、また、失敗してもくじけずやり直す、そんな足の出し方をして進んで行きますよね。the baby steps とはあんな感じの動作です。大きい改善とか成長を狙うのではなく、ちっちゃな進歩でも幸せに感じよう、という気迫と決意が感じられます。
(ヤフー知恵袋 baby stepsより引用)

このような意味から漫画のタイトルを決めていったのだろうと想像できます。

さてここから人間的魅力についてお伝えしていきます。

タイトル通りコツコツ努力していく主人公

もともとテニスとは無縁でコツコツ勉強ばかりしていた丸尾栄一郎。
勉強ノートを綺麗にまとめることが得意でみんなからも頼りにされている存在であった。そんな丸尾栄一郎の成績はオールA。
運動不足解消のために近くのテニスクラブでテニスを始めることになる。真面目なためテニスの練習でもノートを取ることに。また、体力も足らないからと自主練習でランニングや自分が納得できるまで壁打ちをしたりなど。

練習中でも試合でも自分ができることをちょっとづづでもやっている姿に惹かれてしまいますね。ちょっとのことでも毎日やったりすることは意外と大変です。勉強しようと思っても3日でやめてしまったりすることがあるぐらいですからね。「継続は力なり」とあるように継続することは容易ではないですね。まあ、本人の意識でどうにでもなる問題ではあるのだと思いますが。

人の言うことを素直に聞く

練習のときは特にそうですね。なっちゃんやコーチの言うことを素直に聞いて練習に取り組んでいます。
このおかげもあってか最初はボールもまともに打てなかった状態から急激に技術やメンタルが成長していき試合でも勝てるようになっていきます。

やはり成長するのにはそれなりの理由があります。素直に聞いてくれて行動に移すような人間にはより人は頑張って欲しいと思ったり、親身になってくれます。こういった人間的にいいところがあるのでその人に協力したいと思ってくれる人はいるのですね。

どんなに逆境でも諦めない

試合のとき自分より格上の相手とばかり戦うことが多いです。もちろん、丸尾はテニス歴が短いので幼少よりテニスをしている人たちと試合するのですが、自分が負けそうな時でもなんとかして勝つ方法を探そうとします。

あと1ポイントで試合が決まってしまう状況でも。

普通の人は逆境に立たせられると逃げてしまったりしてしまいがちです。
丸尾はそんな状況でも諦めないであがきます。そこに1%でも勝つ確率があるのなら。できないと逃げないで現在の自分にできることを考えていく姿勢に好感が持てますね。自分もこんなあがける人間になりたいです。

積極的に行動

テニスの技術向上のために2度ほど海外にいくと決めました。自分が足りないものを自覚してそのためには海外に行っても技術を得たいと渡米します。その他にもなっちゃん(鷹崎奈津)に告白したりと意外と積極的。

このように自分に必要なもののために行動できる姿に魅力を感じてしまいますね。また、すぐに行動に移すのはすごいことですね。自分は考えても行動に移すのは遅くなることが多いので改善したいところです。こういう行動的な人で自分にないものがある人は魅力的に感じてしまいます。

自分の置かれている状況をしっかり分析

自分が足りないものや相手の状況をしっかり把握して今自分になにができるのか考えて行動に移します。
特に試合中でノートをとり現在自分が置かれている状況。相手の得意なパターン。どのような戦略を立てて試合していくかなど。
この辺がわかるのはエーちゃん(丸尾)の試合の場面ですね。

先程の積極的に行動と被る部分もありますが、自分に足りないものを自覚できるってすごいことです。自分のことは自分が一番わからなくて人に聞いてやっと自分のことが少し理解できたりするぐらいですからね。また、自分に足りないものって案外目を逸らしがちになります。真摯に自分と向き合うには覚悟と努力が必要ですね。また、正確に自分の状況を把握するのは難しいことですね。

どんなことでもまず1つのことから始めていく

最初はレシーブです。タクマからのサーブを1本でも返すことから始めます。器用にできる人はレシーブもやってラリーもしてなんて出来るかもしれませんが、この丸尾はそこまで器用な方ではありません。
そのためにノートをとって自分の試合、経験、体験を鮮明に残していきます。

人は忘れる生き物だと思います。良いことも悪いことも。それがいい場合もありますが、今回のケースで言えば今まで得た経験をしっかりと自分のものにできるようにするためにやっているように思えます。
1つ1つのことは小さいことでも重なればでかいですから。まず1つのことができれば次に進めばいいだけなんです。

自分で吸収できるものを吸収していく

自分に足りないものは多いので人から盗んだりして自分でもそのテクニックをよく使います。特に丸尾は試合中にタクマのテクニックを利用します。その他にもプロの浅野さんとの試合でもかなり技術的なことを吸収していきました。

自分に足りないものはほかから吸収していきます。そして、丸尾は吸収したものを自分の力にしていきます。
できるかできないかわからなくてもいろんなことに挑戦する姿はかっこいいです。それが、失敗に終わったとしても挑戦してみないとわからないことってありますから。

感想

丸尾という存在はかなり現実的です。必殺技みたいなものはありません。
才能として運動神経が抜群に優れている!みたいなものもあまりありません。(身体的にいいのは目がいいことぐらい)
それでも、テニスの結果を残してプロになるためにひたすら努力している姿に人間的に魅力を感じてしまいます。
そして、その努力が少しづつでも結果に残っていくので嬉しい気持ちになります。

こういう魅力的な人間になれるよう頑張っていきたいです。

テニスをやっている人には一度は読んで欲しい漫画ですね。
個人的には28巻の丸尾の葛藤を見てほしいですね。

ベイビーステップ(1) (講談社コミックス)

勝木 光 講談社 2008-02-15
売り上げランキング :

by ヨメレバ
ベイビーステップ(33) (講談社コミックス)

勝木 光 講談社 2014-11-17
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 - BOOK