あぷつう.com

弱ニートだから楽しいことだけやっていく

*

どれがお得?自分にあった楽天証券の手数料のパターン

      2016/04/24

最近株取引を始めたらくがきです。なんとか現在の収支はプラスで終わっていますが、年内でどのようになるかは今後の動向に乞うご期待!!笑

さて、今回は楽天証券の手数料について今後の自身のためにも考察していきお得に使いこなしていきたいですね。
せっかくあがった利益も手数料を多めに払っていたらもったいないですからね。節約できるところはしていきましょう。

スポンサーリンク

楽天証券の手数料は?

2015年4月現在での手数料は以下の通りになります。
スクリーンショット 2015-04-26 1.25.58

さて、基本は買って売っての2回の取引になるのでこの取引の2倍の額になります。

例、『ワンショットコース』
10万の株を買った場合は手数料税込150円かかり、さらにこの株が上がったから売った場合また手数料が150円かかります。

例、『いちにち定額コース』
10万の株を買ってその日に10万の株を売った場合は20万の約定代金合計になるので手数料463円になります。

なのでこのような取引を見るのであれば間違いなく『ワンショットコース』がオススメになります。ただ、このようにならないケースもあるのでいろいろご紹介しています。

ワンショットコース

さて、まずはワンショットコースがどのような人にオススメか考えていきます。
これは本当に初心者の方や株取引を数回しかしない方、株主優待券が欲しい人にオススメになります。

具体的には
運用資産500万円以下で1日に取引を2回までしか行わない人

これにはいくつか理由があります。

まず初心者の方は自分が今後自身がどれぐらいの頻度(1日に1回とか)で株取引を行うのかはまだ現状わからない状態です。まずその段階をクリアしてから他の手数料を比較検討するのがいいです。

次に少額の株取引を行われる人は1日2回までが限度でそれ以上に取引を行う人は『いちにち定額コース』がオススメになります。
ただ、1日に3回取引もあるけど半分以上は1日に1回とか2回が多い人は間違いなくトータルで考えるとこちらの『ワンショットコース』がオススメですね。

株主優待がある企業の株は20万以下で購入できる株も多いためこちらを選択しておいたほうがいいですね。

*注意が必要な点
例えば、200円の株を500株購入したとします。売るときに500株売るつもりが300株しか売れず、残りの200株は違う時間で売れた場合はこれには手数料は3回分かかることになります。

この場合は『いちにち定額コース』の方がオススメになります。
まあ、少額取引ではこのようなことはあまりないのでそこまで気にすることもないですが、覚えておくと大きく株を売ったり買ったりするときに役に立ちます。

超割コース

超割コースはどのような人にオススメか考えていきます。
超割コースを利用する人は大きな金額で信用取引を使う人や投資信託を使う人になります。

具体的には
運用資産500万以上で1日に2回までしか取引しない人で信用取引や投資信託をよく使う人

これについても解説していきます。

『超割コース』は信用や投資信託を活用する人でないと基本はあまり意味がありません。
というのも『超割コース』には金額に応じてランクがあるためです。
スクリーンショット 2015-04-26 3.14.54

ランクが上がることによって手数料は安くなります。

スクリーンショット 2015-04-26 3.12.34
ただ、信用や投資信託を使わない人は『ワンショットコース』と変わらない金額です。というよりも、20万以下の株取引に関しては『ワンショットコース』の方が安いです。
なので、正直『超割コース』に関しては信用取引や投資信託などを考えている人向けになりますね。

いちにち定額コース

いちにち定額コースがどのような人にオススメか考えていきます。
これは1日の取引回数が多い人です。

具体的には
運用資産は特に関係なく1日に3回以上の取引をすることが多い人。

これはあまり説明も必要がないと思いますが、一応目安を話しておくと1日に4回取引が月の半分以上ある人はいちにち定額コースがオススメになります。

今回自分のパターンで考えてみましたが今月は『いちにち定額コース』がよかったみたいです。4つほどの株を売ったり買ったりしているのでこの辺は相場とかも考えながら変更していくのが良さそうですね。

 - 株投資