あぷつう.com

弱ニートだから楽しいことだけやっていく

*

超初心者のアプリ開発のためのswiftの勉強方法とやり方

   

プログラミングはhtmlとcssを少しかじった程度の初心者らくがきです。

今回はiPhoneのアプリを開発したいと頑張っているのですが、なかなか勉強がはかどりません。

なので、今回からブログにswiftの文法や書き方、その他アプリの進捗状況ものせていきたいと思います。

今後アプリを開発したいと思う人の手助けになれば嬉しいですね。

swiftの勉強をする前に

個人的にはc言語を学習してからswiftを勉強するのをオススメしています。

 

というのも、swiftの専門書って意外と高いんですよ。また、せっかく本を買ってもちんぷんかんぷんでその前に挫折してしまうこともほとんど。

 

なので、その前にswiftでもよく触れる基本文法もあるc言語の勉強をすることでswiftの学習もかなりはかどります。

 

また、c言語では専門書を買わなくても学習できる夢のようなサイトもあります。
なので、まずそのc言語で学習してみてからswiftの勉強をすればよく分からない専門書を買うよりも全然いいです。

 

c言語を勉強するならオススメのサイト

苦しんで覚えるC言語

上記のサイトがオススメです。

 

また管理人が以前の記事で紹介したやり方もあります。

Xcodeを使ってC言語学習するためのやり方!

この方法でやればMacBookと学習時間とホンノチョットのやる気で始めることができます。

 

c言語で挫折しないような人には是非swiftにも挑戦してみて欲しいです。

Xcodeでswift勉強のためのやり方

Xcodeを開きます。(XcodeはApp Storeからダウンロードしましょう)

 

Xcodeを開いたら『Get started with a playground』を開きましょう
swift_1

 

『NAME』は『My Playground』になっていますが、なんでもいいです。『iOS』はそのままにしておきましょう。その後『Next』をクリックして保存先を決めて保存。
swift1_1

 

左の白い部分にプログラム(ソースコード)を記入すると右にその動作の結果が表示されます。この部分をスタンダードエディタと言います。
swift2_1

 

スタンダードエディタのみでは動作の様子を見るだけでそのトータルの結果を反映したものが出る(出力)わけではない。そのためトータルの結果を知りたい場合はアシスタントエディタが必要になる。

 

例)ある数字を二つ入力して足した時の答えを出すプログラムを組んだ時。
入力された数字の計算作業が(スタンダードエディタ)
最終の結果や答えを出すのが(アシスタントエディタ)
ということになる。

 

 

そのアシスタントエディタの出し方は『View』→『AssistantEditor』→『ShowAssistantEditor』で出るようになります。
swift3_1

このように最終の結果として「Hello,playground」と表示されました。
swift4_1

 

 

今回使用したテキストは初心者の自分でもわかりやすいこのテキストです。

 

c言語から学習したほうがいいとは言いましたが、このテキストからでもわかりやすいと思います。ただ、これは基礎を学習するものなのでこれだけでアプリが開発できるわけではありません。

 - アプリ開発