あぷつう.com

弱ニートだから楽しいことだけやっていく

*

一部のページ記事に403が出てしまった時の対処法

   

最近一部のカテゴリの記事が表示されないで困っていたらくがきです。
Googleアナリティクスで確認したらどうやら2日前から一部ページが表示されていなかったみたいです。

そこそこ人が来る記事があるだけに消して再度ページを作ってしまうとせっかく被リンクをつけてくれた人のアクセス先がなくなってしまいます。
また、グーグルへの検索エンジンにも良い影響をあたえていた記事をまた最初から作り直すのはもったないので原因を探ることにしました。

スポンサーリンク

指定されたページへの(URL)へのアクセスは禁止されていますと出てきた時の対処

スクリーンショット 2015-02-14 1.46.25
ロリポップではこのよな画面がでています。

ただ、この画面がどの場面ででてくるかで対処法は変わってきます。

・サイトへのログイン時
・一部のページorカテゴリーのみ

のどちらかになってくるでしょう。

これがわからないまま適当にいじってしまうとサイトが変なことにもなってしまうので注意しましょう。
今回は自身が一部の記事が表示されなくなってしまったのでわすれないようにという意味も込めてそれぞれの対処を残しておこうと思います。

サイトへのログイン時にアクセス禁止

いわゆるなにもサイトの中身をみれない。なにもできない状態の人。

こういった人はロリポップを利用している人に多いみたいです。
PHPやCGIでプログラムを編集をした後に出てくるみたいです。

その時の対処法はこのサイトがわかりやすかったです。

WordPressを更新すると「アクセス禁止」403エラーが出る対処方法

簡単に説明するとプログラム変更時に自分のアクセスがブロックされてしまうことだそうです。

その他に考えられることがプログラム変更時にパーミッションが変更されてしまう場合です。
パーミッションについてはこちらでは説明を省きます。
その時の対処法としてはこのサイトがオススメです。

http://pc.cocorodesign.net/article/101896211.html

ここではプログラム変更時にパーミッションの値が変更されてしまいログインできないという状態になったみたいです。
ちなみにロリポップでパーミッションの値を変更する時は

ロリポップにログインしてもらい『webツールのロリポップ!FTP』を開きましょう。

その時の属性という値が現在のパーミッションになります。
ファイルを開けばこの属性を変更できます。

おそらくこの二つのどちらかで直せるでしょう。もちろん、サイトのバックアップはしっかりしてから変更するようにしてください。

一部のページorカテゴリーの記事がアクセス禁止の対処法

この時の対処方としてはパーマリンク設定変更やディレクトリ内のファイルと同様の名称にしている可能性が高いです。
自分の行動を思い返して対処していこう。

この時の対処法のサイトはこの二つがいい!

ディレクトリ内のファイルと同様の場合
WordPressに作成される.htaccessの動作を改めて確認しておこう

パーマリンクの設定変更の場合
WordPressのパーマリンクの設定を変更すると何が起こるか?

ちなみに今回の自分はディレクトリ内のファイルと同様に該当する。
今回はカテゴリーのスラッグ変更をするときに『app』を使い表示されなくなりました。

これはディレクトリ内のファイルと同様のものがあるため記事表示されなくなってしまったみたいです。
そのスラッグを『app-list』に変更したら特に問題なく記事が見れるようになったので一安心です。

感想

だいたいのことはここに書いてあることを実践してもらえば問題ないです。
せっかく書いた記事なので消さないようにしてなんとか修復できるように頑張っておきたいですね。
2日間見たくても見れないでいた人には申し訳ないですが、なんとかなってよかったです。

 - WORDPRESS